様々のご質問 of 宮下矯正歯科医院

Q1: 初診日には、相談だけの場合と詳しい検査を希望される場合が考えられます。相談だけの場合日は,相談料5050円の費用が必要になります。詳しい検査を、当日希望される場合には、次回の検査結果と治療方針などを含め37800円の費用が次回ご用意いただくことになります。
Q2: 目立たない装置には,表側の透明感のある装置を使う場合と内側からの装置の2種類があります。この選択はまず検査結果により、その選択が可能であるかによって決まります。従って,装置の選択に歯,初診検査がまず必要であり、その選択可能な中から、患者様のご希望にあう装置を検査結果報告の日にご相談させていただくことになります。

Q3: 矯正期間は、子供と大人では、かなり異なります。つまり成長期と成長が絡まない症例ではかなり異なり、成長期の患者様は、歯の生え変わりや成長を待たなければ、ならないことが多く一般的に長くなります。また,その不正咬合状態によっても異なり、更に,歯の動き、成長のスピ-ド、矯正装置に対する反応など個人差による要因によりかなり違いがあります。そのため一言では,答えられない事が多く,まずは検査をお薦めいたします。
Q4: 開始時期は、矯正期間とも関連します。治療の理想は、早く簡単にそして期間的にも短く出来る事だと思います。そのためにも、適切な矯正開始時期については、重要なことです。しかし、この問題は、現在の歯列成長のの状態や個人差など大きく影響しますので、単に早ければ早い程良いcというものでもありません。まずは、現在の状態を拝見させていただき、患者様のご希望などを伺う事でかなり適格な開始時期についてご説明できると考えられます。
Q5:Phasellus placerat dignissim ultricies.
Fusce tincidunt eros sit amet diam pretium et tempus lectus blandit. Fusce nec leo vitaelesuada fames ac turpis egestas. Fusce hendrerit est vitae enim venenatis in aliquet diam posuere.
Q6:Nam vitae lorem id magna tempus pulvinar id aliquam enim.
Fusce tincidunt eros sit amet diam pretium et tempus lectus blandit. Fusce nec leo hendrerit est vitae enim venenatis in aliquet diam posuere.